四国4県連携新製品開発支援協議会 徳島県立工業技術センター外観写真 愛媛県産業技術研究所外観写真 高知県工業技術センター外観写真 香川県産業技術センター外観写真
四国4県連携新製品開発支援協議会
概要
利用方法
機器情報
研究者情報
技術情報
ホームページ内検索
お問合せフォーム

徳島県立工業技術センター
香川県産業技術センター
愛媛県産業技術研究所
高知県工業技術センター
機器名 耐熱樹脂積層造形装置(3Dプリンター)(平成24年度補正予算事業「地域新産業創出基盤強化事業」)
機器所有機関 徳島県工業技術センター
担当部署 機械技術担当
装置担当者 森本 巌
職名
連絡先住所 〒 7708021
徳島県徳島市雑賀町西開11-2
電話番号
FAX
URL
分野(バイオテクノロジー・高機能材料産業等)
分類 実験生産
導入年度 平成 25 年  月  日 
型式 Stratasys社 FORTUS400mc-S(ドライバソフト Insight)
仕様・性能 積層ピッチ:ABS(積層ピッチ0.127mm)及びPC材料(積層ピッチ0.178mm) | 
 ドライバソフトInsightによりSTLデータを入力とし、造形パスや必要なサポート形状を自動生成。 | 
最大造形サイズ:355(W)×254(D)×254(H)o | 
対応樹脂:ABS、ポリカーボネート、ポリエーテルイミド | 
機器の解放状況・利用料金 開放 1時間  料金 2050 円
利用上の注意点
主な使用事例 一般的に、3Dプリンタは、デジタルデータから一気に造形できるという特徴がある。そのため、試作品製作において製作時間を大幅に短縮することや、多様な形状を作成し比較検討するといったことが可能である。本装置は、これに加え、耐熱樹脂を積層造形できることに特徴があり、比較的高温下で用いられる部品の試作が可能である。熱可塑性樹脂の熱溶融押出方式であり、材料及びサポート材がカートリッジ交換式で、複数の樹脂材料を選択できる。荷重たわみ温度(JIS K7191-2)が160℃を超える耐熱樹脂材料(ULTEM)で造形することができる。
機器の写真