四国4県連携新製品開発支援協議会 徳島県立工業技術センター外観写真 愛媛県産業技術研究所外観写真 高知県工業技術センター外観写真 香川県産業技術センター外観写真
四国4県連携新製品開発支援協議会
概要
利用方法
機器情報
研究者情報
技術情報
ホームページ内検索
お問合せフォーム

徳島県立工業技術センター
香川県産業技術センター
愛媛県産業技術研究所
高知県工業技術センター
機器名 熱分析システム (平成28年度JKA補助事業)
機器所有機関 徳島県工業技術センター
担当部署 材料技術担当
装置担当者 郡 寿也、正木 孝二
職名
連絡先住所 〒 7708021
徳島県徳島市雑賀町西開11-2
電話番号
FAX
URL http://www.itc.pref.tokushima.jp/kiki/kikisearch/view.php?kikiid=481
分野(バイオテクノロジー・高機能材料産業等)
分類 分析
導入年度 平成 28 年  月  日 
型式 ティー・エイ・インスツルメント・ジャパン(株)  DSC2500,SDT Q600,DMA Q800
仕様・性能 DSC2500 
 温度範囲:-90℃〜550℃
 熱流計測方式:熱流速型
 ベースライン平坦性(-50℃〜300℃):5μW以下
 ベースライン再現性(-50℃〜300℃):10μW以下
 温度正確性:±0.005℃
 エンタルピー精密度:±0.01%

SDT Q600
 温度範囲:室温〜1500℃
 天秤方式:水平差動型
 天秤感度:0.1μg
 DTA感度:0.001℃

DMA Q800
 最小荷重:0.0001N
 最大荷重:18N
 荷重分解能:0.00001N
 歪分解能:1nm
 温度範囲:-150℃〜600℃
機器の解放状況・利用料金 開放 一時間  料金 3770 円
利用上の注意点
主な使用事例 DSCは,試料と基準物質を加熱または冷却した場合に両者の温度差をゼロに保つのに必要なエネルギを時間または温度に対して測定します.
 (1)比熱,反応熱及び転移熱の定量
 (2)結晶化度,純度,反応速度及び結晶化速度の決定

SDTは,試料を一定速度で加熱しながらその重量変化と基準物質との熱挙動の差を連続的に同時測定します.
 (1)試料の熱(分解)反応の過程
 (2)融点・沸点
 (3)相転移温度

DMAは,材料に時間によって変化(振動)する歪または応力を加えて,それによって発生する応力又は歪を測定します.
 (1)ガラス転移温度や弾性率の温度依存性
 (2)高分子材料の分子構造などに関する情報
機器の写真